(個別団体のページ)
 管理番号sd056
ピグマリオン
楽しく遊びながら創作し、アートの本来の力で心を耕します。

代表者 高木 啓多
連絡先 氏名 高木 啓多
電話 090-1850-6538
fax -
E-mail keita.takaki@gmail.com
対象者 未就学児や小学生など。障がい有無は無関係。
(ご同伴の保護者の方もご参加いただけます。)
主な活動場所 カジュ・アート・スペース、由比ガ浜公会堂、デイサービスやと
活動日 毎月第2・4水曜(カジュ)、
毎月第1・3金曜(由比ガ浜公会堂)、
毎月第2日曜(デイサービスやと)
費用 入会金3500円、6000円/月(ご同伴の保護者の方もご参加いただけます。
その他画材費など要問合せ
活動内容

子ども造形教室では、遊ぶことを大切に考えます。
遊びを通して、子どもは自分に必要なことを吸収します。
遊びを通して、子どもは自分に必要な順番で学びます。
遊びを通してのみ、なりたい自分になっていきます。
子どもは、一人の表現者と捉えます。ピカソと同じです。
自分から沸き起こる衝動、やりたい欲求を大切にします。
そして私たち大人も、一人の表現者です。
共同アトリエに集う大きなアーティストと小さなアーティストです。
ピカソに指図はしません。手伝いもしません。
周りと違うことをしても、止めません。
ピカソが何を感じて何をするつもりなのか、ただワクワクします。
作品をじっくり観て、自分の言葉で感想を漏らします。

形に残らない作品があり、それは体験そのものです。制作時の顔の表情や、過ごした時間です。
形に残る作品は家に飾ることもできます。それは旅行の記念写真のようなもので、旅行体験そのものではありませんが、どのような体験だったのか想像することがコミュニケーションの入り口にもなります。

表現することは、生きることです。
生きることに上手い下手はありません。
そのままを評価されず受け容れられることで、次の表現が生まれます。
自分で感じて、決めて、やってみて、受け容れられる。
このサイクルが、自分への信頼に繋がります。

そして他人に受け容れられる/られないに関係ない、自分軸ができることを目指します。
備考
ご自宅でのセッションも可能です。ご希望の方はお気軽にご連絡ください。
http://rinshobijutsu.wordpress.com/

地域別一覧